二の沢初訪問

a0317247_19461239.jpg


2014年11月15日 大山・二の沢

今週は一気に季節が動いた感じでした。
大山も一気に雪化粧をまとってしまいました。
来週は低い気温の中で雨が降るようなので、
おそらく今ある分にプラスで積もるでしょう。

初めて行くのに雪が積もったら道が分からなくなりそうだし、
難易度も上がるかもしれない・・・
こりゃ雪がしっかり積もってしまう前に行っておかなきゃならん~~!!
・・・ってことで、もし雪がないなら一の沢へ行き、
明らかに白くなってたら二の沢に行くことにして大山へ向かいました!

 FUJIFILM X-M1 + XF10-24mmF4 R OIS



新しいところに行くのは、何かキッカケが必要というより、
気持ちに余裕がある事の方が大きいんじゃないかな。

二の沢は環状道路を走ったり歩いたり、
数えきれないほどを通過して来たけれど、
この先に行ってみようと思ったことがなかった。

ここに行ったよ!というレポを目にしても、
じゃあ自分も行って見てみようかな!という行動に結びついてこなかった。
そんな私ですが、先週末行かれた山友さんのレポを見て、
これは行ってみるしかない!!という気持ちがギューンと沸いたのです。
雪が積もって、道を覆い隠す前に行こう!と考えました。

水曜日、スキー場まで白くなった!というニュースが入って来ました。
木曜日、冷凍庫の中みたいになった弥山の写真を見ました。
毎日本当に寒かった!
冬がキターーー!!って感じ。

そして来週、二日連続で雨の予報が出ていました。
それだと完璧に雪山になってしまいそうです。
行くなら今度の週末を逃したら来年の春まで行く気にならないかも・・・。
そして行くなら土曜日かな。
日曜日は気温が今季一番下がりそうでした。

ちなみに二の沢のほかにも、
行ってみようと思う場所がありました。
これも雪が降る前に行っておきたい場所っていうかルートでした。

もしも雪が解けていたら、
一の沢を上がって正面で降りてみよう!
白くなってたら二の沢へ行ってみよう!

大山は6合目から上が雲にすっぽり覆われた状態でした。
その雲の下から白くなった大地が見えました。
あーあ、やっぱり融けてないばかりか新しいのも追加されてそうだなー!
ということで、一路二の沢へと向かったのでした。

a0317247_1753184.jpg

初めて足を踏み入れるけど、不安は無し♪





a0317247_1816227.jpg

どう行ったらいいか8割がた記憶して来た!
残りの2割はスマホにメモして来た!

記憶だけだと、絶対に間違えるから!!
前科あり過ぎだもの。
今日はちゃんと一発で目的を果たしたいから~~~




a0317247_18201999.jpg

まずは沢の左側に沿ってGO~GO~☆




a0317247_1824349.jpg

砂防ダムの工事用道路歩きがしばらく続きます。




a0317247_18265850.jpg

今まで歩いてきた道が途切れます。
進路転換します。
沢を横切ります。
対岸に続きの道が見えます♪




a0317247_18292880.jpg

続きの道~♪
近年の雨で流されちゃったようですね!
最近では平成25年度建設の堰堤の工事の際に利用されていた道だったのかな~。




a0317247_18332698.jpg

沢を横切るだけじゃモッタイナイ!
素晴らしい撮影ポイントですよ♪
パチリ☆




a0317247_18364458.jpg

ほぉー、こんな標高の低いところにも積もったんだ~~




a0317247_1839681.jpg

歩きやすい工事用の道はずっと歩いやすいまま続きました。
二の沢って勾配がゆるいのですね~~




a0317247_18422528.jpg

歩き初めから、その後もずっと稜線までが近くに感じられました。
苦労せず稜線を詳細に眺められるので、
ついついそっちばっかり目が行って足元がおろそかになりそうでした。




a0317247_18462697.jpg

工事用道路も、この新しい堰堤のところで終わりになります。





a0317247_1847464.jpg

続きはこの堰堤の右側を上がって行くとあります♪




a0317247_18501797.jpg

えーと、どっちに行けばいいんだ???
・・・という心配は今日はありませんでした。
というのもピンクテープがものすごい沢山付いていたからです!
方向音痴の私にはひじょーーーーーーーーーにありがたい印でございました!!
でも2回ばかし悩んだけど。(^^ゞ




a0317247_18594336.jpg

工事用道路じゃなくなってからはプチヤブ漕ぎです。
草木が枯れて歩き易い晩秋に来て良かった♪
夏とかきっとモサモサに茂ってそうな道です。




a0317247_1931618.jpg

進んでいると、あれ?っと思う場所がありました。
視線を右に向けると・・・・




a0317247_1942385.jpg

はて?三の沢側に踏み跡が・・・
こっちに行くの?
えーーどっちなのーー???




a0317247_1965292.jpg

踏み跡の向かい側に、これがあったし、




a0317247_198457.jpg

ピンクテープがひらひらしてたから、
謎の踏み跡ではなく来た道を直進しました!!




a0317247_1995569.jpg

その後もおびただしい数のピンクテープに導かれて、
沢が二方向に分かれている箇所に到達♪
本日の準スタート地点ともいうべき場所です。




a0317247_19193577.jpg

左右どちらに行くにしろ、
まずは右側の沢の堰堤を上がります!




a0317247_1920544.jpg

右の沢の、その右側から行ってみることにしました。




a0317247_19221440.jpg

雪の量が増して踏み跡がどこか分からなくなりました。
でもまぁテープで進路は分かりますので、
テキトーに歩いて行きました。
そしてこの冬初めて見たアニマルトラッキング♪
イタチかな~?
かわゆすー♪

ここまで自分の足跡しかなかったけど、
この先からはこの子達の足跡が道案内をしてくれました♪




a0317247_19255282.jpg

そして来ました~~第一番目の目的地♪
風が強く体に当たるようになり、
とても寒かったです~~
もうちょっとちゃんと防風対策してくれば良かった!!と思うくらい寒かったです。




a0317247_19293372.jpg

あの隙間に行けば風が凌げるんじゃないかと・・・
足早に隙間に向かって進んで行きました!




a0317247_1931355.jpg

隙間に行ったら正面からの風もあって全然寒いまんまでした。
鼻がズビズビ~~~
到着した感動もそこそこに、ひたすら寒い~~~




a0317247_18514948.jpg

隙間の向こうに行けるかな?




a0317247_18525588.jpg

表面が凍り付いてテカテカしてた!
残念だけどパス!




a0317247_18543087.jpg

もっと雪が積もったら簡単に向こう側へ行けるのかなぁ?
もっと積もったらまたチャレンジしに来なきゃね!




a0317247_18565580.jpg

今日の足跡を記す♪




a0317247_18584487.jpg

下流の方をみるとこんな感じ。
冬らしい光芒が雲間から差していた。

さて、次なる目的地に向けて行ってみよう!
次は二方向に分かれた沢の左側の先にあるという場所へ。




a0317247_1973212.jpg

さて分岐する場所まで戻って来ました。
二方向に分かれた沢ですが、
前述の通り左側の沢を遡上するのも右側の沢側から行きます。
沢の中央の緑地帯に上に行く踏み跡とピンクテープがありました。




a0317247_19122914.jpg

上がってすぐそのまま小高い丘を登って行くのかと思っていたら、
そうじゃなかった!
これが本日二度目のハテナでした。





a0317247_19155927.jpg

ちょっと広い平らな場所がありました。
そこで、え?ってなったのですが、
そのまま平らなところを10m行ったくらいのところにピンクテープがありました。
平らな場所から2~3メートルあるかないかの斜面を登った先に、
小高い丘が見えてきました。




a0317247_1919723.jpg

丘っていうかプチ尾根ですね♪
この華奢な尾根を登って行くのでした。
濡れた落ち葉で滑ったらエライことになりそうでした。
ドキドキしながら登って行きました。
このまま延々とこんな感じを上がって行くのかな?
ちょっとコワいわーって身構えてたら、ものの100歩くらいで終わりました。




a0317247_19255073.jpg

ドキドキした尾根道からヨイショ!っと沢に降り立ちました。
第二の目的地まであとちょっとです♪

この沢が中央の草地を境に左右に分かれています。
目的地は左側にあります。





a0317247_1928652.jpg

青空のもとこの稜線を拝みたかったのですが、
なんだかズドーンと重苦しい色彩になってました。




a0317247_19334981.jpg

結構離れた場所からも、
ああ!あそこなんだわ!って分かりました。




a0317247_19365042.jpg

本日2ヵ所目の目的地に到着~♪




a0317247_19422320.jpg

隙間に岩がドーンと。
一辺が1m以上あるような大きさです。
景観的には初めに行った場所の方が好きかな~。
遠くない未来に、ここも初めに行った場所のようになるのかもしれませんね。




a0317247_19442047.jpg

帰り道、一の沢側へ越えて行けそうなポイントがいくつかありました。
そのうちの一つにはピンクテープがひらめいているのが見えました。




a0317247_19484576.jpg





a0317247_1952462.jpg

一度だけ、ぬれ落ち葉と柔らかな土にスッテんころーり!となりました。




a0317247_1954987.jpg

降りる道々、何度も振り返りながら歩きました。




a0317247_19573633.jpg





a0317247_19582817.jpg

稜線の中央部分をパノラマで見られる贅沢な場所だと思いました。
また訪れてみようと思います。
by mizuho41069 | 2014-11-15 19:53 | 大山