一ヶ月ぶりの山歩き ~プロローグ~

2014年3月22日 男三瓶山(姫逃池コース往復)
a0317247_1982737.jpg


先月の終わりにインフルエンザになって、
その後こじらせ気管支炎が長期化中です~~

この連休までにさすがに治るだろうと思っていましたけど、
昨日もまだまだ咳が治まらず・・・
だけど新しいレンズで雪景色が撮りたい気持ちも湧き上がる・・・

もう樹氷の綺麗な状態は今期は終了かと思っていたら
昨日は山は新雪が降った。
今日は安定して晴れる予報。
なんというチャンス!
だけど咳がひっきりなしに出る。
大山に行きたい気持ちをグッとこらえて三瓶山に行った。

病状は悪化しちゃったけど、
満足のひと時を過ごせた。


 FUJIFILM X-M1 + XF10-24mmF4 R OIS





さて、この日の記録を辿る前に、
前回この山に行った際の事をちょっとご紹介します。

それは1月25日のこと。
寒く厳しいという長期予報はなんだったの?!というぐらい
連日気温が上昇していた1月の中旬以降。
当然山は一気に雪の量を減らして行きました。

大山もぐんぐん減って
一月なのに大山寺橋の路面が黒々とするほど。
そうなると急に山へのモチベーションが低くなったわけです。
だって私が山に行くのは雪景色が写真に撮りたいのが第一の動機なんですから。
いつも春めいてくるとガクーンとモチベーションが下がるのはその為です。

連日の忙しさにヨレヨレのくたくたであった事もあり、
残雪期のような景観の大山に行こうという気持ちが起きなくて。
そうだ!最近登ってない三瓶に行こう♪となったのです。

東の原は駐車場が除雪されていないという情報があり、
西の原はもしノートレースの場合に登り切る自信が無く、
一番お気楽な北の原からを選択。
その北の原からの2つのルートの内、
山頂までの距離が一番短い姫逃コースを行く事にしたのでした~~~

a0317247_162417.jpg

駐車場から登山口までの短いアプローチで、
早くも心が折れそうになった。
だって一歩踏み出すごとに膝まで沈む腐れ雪なんですもん~~(><;)
せめて登山口までは行こう!と心を奮い立たせた。




a0317247_16394667.jpg

後悔の念に駆られながら登山口をパチリ。
あー、大山に行っとけばまだこれよりズボズボじゃなかっただろうに~~




a0317247_1642619.jpg

新しい雪も降らないから古いトレースもまだ残ってた。
こんな感じでボンヤリしたトレースがずっと続いてるのかな?と思いつつ先へ進んで行った。




a0317247_16451985.jpg

登り出しのような幅のあるトレースはすぐに分からなくなって行った。
黄色いテープを案内に、
先行者の足跡を後続がそっくりなぞるという形態になった。




a0317247_16504093.jpg

アイゼン着けようか、
スノーシュー着けようか、
悩みつつも私も足跡通りに進んで行った。
足跡を外しさえしなければツボ足で問題なく登る事が出来たし。




a0317247_1653782.jpg

カラマツ林になると東屋のある広場に着く。




a0317247_16551616.jpg

広場について、まずに目についたのは桜の幹が折れてしまっていた事。
この冬は昨年末に一気にドカ雪が来ちゃったからなぁ。
そのせいなのかなぁ。




a0317247_1656571.jpg

この屋根の雪見て、
豚の角煮が浮かびました~~




a0317247_16585025.jpg

ここで先行者がワカンを装着した模様です。
どうも本日はこの方だけが登ってるっぽい。
後続も来ない。




a0317247_1703930.jpg

相変わらず黄色いテープを目印にして進んで行きます。
直前の先行者がワカンになった事により、
それに助けられて自分はツボ足のままラクに進んで行くことが出来ました。
感謝~~



a0317247_175118.jpg

曇り空でしたが、海岸線まで良く見えていました。




a0317247_177997.jpg

この枝が白かったらヤル気もぐんぐん湧くんでしょうに。




a0317247_179922.jpg

初夏、登山道沿いにアジサイがたくさん咲くトラバース箇所。
中央の雪面他よりは白いですね。
雪崩にドキドキしつつ渡りました。




a0317247_17115018.jpg

どのあたりでアイゼンを付けたか覚えていません。
斜度がキツくなり、
いつしか自然に付けて歩いていたみたい。
進むにつれてトレースを辿っていてもはまり込みが深くなって行きました。
そしてがむしゃらに登っていると、
なんと片方のアイゼンが外れてしまいました!
いつスノーシューへ履き替えようか決めかねて進んでいたけど、
ようやく決心の付いた出来事でした。




a0317247_17155585.jpg

もっと早くにスノーシューに換えてれば体力の消耗も少なく済んだんでしょうが、
腐れ雪との戦いにかなり気持ちも体力もくたびれ切っていました。
そこにきて強い風が枝を揺さぶるようになりました。
雪雲が接近する様子が見えました。
雪だけならまだしもみぞれが降って来ました。
稜線付近は猛烈な風が吹き荒れているようです。

あとほんの少しで山頂だけど・・・
今日はここまで!

先に進む気持ちはすっかり消えていました。




a0317247_17225099.jpg

帰路は一直線に降りて行きました。
なんかもっと下の方からスノーシューで行けばよかったんじゃないかという感じ。
グダグダ雪を無駄にあがいたのがアダになった本日の行程でした。

みぞれに打たれた際にカメラ内に水が浸入してしまったらしく、
その日は操作ボタンが一部機能しなくなるという事態に陥りました。
その後、乾いたのか機能が復帰しましたが、
アウトドアにはやっぱ防塵防滴が欲しい機能だなぁ!としみじみ感じました。
まぁそういうのを見越してビニール袋でガードして行けばよかっただけなんですが。


この日の山行きの後、
体調が今一つだったこともあり、
その後一ヶ月くらいまともに山に行かない日が続きました。
そして一か月後は大山へ。
さらに一か月後が本題の三瓶再訪です。
前置きが長くなりましたが、
次回のエントリーで今度こそ山頂まで行った訪問記を載せたいと思います。
by mizuho41069 | 2014-03-22 19:33 | mountain